NetStumbler (MiniStumbler)とGPSマッピングによる
清水 隆夫のページへジャンプ  無線LANアクセスポイント(AP)表示       Rev.1.0B


NetStumbler (MiniStumbler)によるWar Driving / War Walking
 

プロアトラスW上へ表示されたAPの位置とESSID
筆者宅の近所を30分ほど散歩するだけで、これだけのAPをキャッチすることができる(しかも2/3はWEPがオフなのだ)。
GENIO e550GとWLI-PCM-L11GP、SDカード型Bluetooth

 MinStumblerで記録されたログには、Bluetooth経由でBluetooth GPS Receiverで取得された緯度経度情報も記録されるので、APを最大感度でサーチした地点が記録される。MiniStumblerで記録されたログを、デスクトップPC上へ吸い上げた後、NetStumblerで読み込み複数ログのマージなどを行い、そのログデータを、NetStumblerのエクスポート機能を用いて、TEXTファイルで出力する。このTEXTファイルを、筆者の作成した「NS2MPS」により、電子地図ソフト「プロアトラス」シリーズで位置表示が可能となるMPS(マップサーバスクリプト)ファイルへ変換する。変換されたMPSファイルを、プロアトラス上へドラッグ&ドロップすれば、MinStumblerで記録されたAPの位置情報やESSIDが地図上へ表示されるわけだ。
 
 ■ 
「NS2MPS」は、現在FGPSのライブラリにて公開中なので、ダウンロードして利用して欲しい。
 ※ FGPSパソコン通信エリア(旧ライブラリを含む)終了に伴い、公開終了。(05/03/31)

 ■ Mobile PRESS(技術評論社刊)2003年春号の連載「清水 隆夫のモバイルGPS
    PRESS
」へ詳細を掲載。加えて、I-Oデータ機器のCFGPS2評価レポートも掲載。

 ■ 毎日コミュニケーションズ刊「GPSマニアックス」(GPS MANIAXX)に詳細を収録。
 

元のページへ戻る清水 隆夫のページへジャンプCopyright (C) 1995-2005  By Takao Shimizu
画像、及び文章の無断転載を禁じる 清水 隆夫